2020年08月02日

クイーンステークス

梅雨明けしたと思ったらこの暑さ。
覚悟はしていたとはいえ、やはり厳しいものです。

本題へ入りましょう。
ポイントは展開だろう。まだ前有利なコースではあるが、複数の先行勢が揃った感で、
その上自身が有利なスローでの実績があるタイプばかりで今回予測出来る展開で
良績が挙げられるかどうかは不安の方が大きい。

本命は、リープフラウミルヒ
実績ではまだ足りない部分はあるが、このコース適性はベストだろう。
条件戦ではあるものの、格上のレースよりも見応えがある内容で快勝。
前走は流れに乗れずに惨敗したが、舞台替わりは好天材料。
早い展開で進む先行勢を射程圏内に見ながら進めるのも良く。
現状の力でも十分に勝ち負けは出来る。

大波乱までは考え難いが、最大の惑星は、シャドウディーヴァ
この馬も舞台替わりは好天材料で、ここ数戦は適性外での競馬でのもの。
大外枠はむしろ歓迎で腹を括った競馬ができれば面白い。

◎リープフラウミルヒ
○フェアリーポルカ
▲スカーレットカラー
注カリビアンゴールド
☆シャドウディーヴァ


馬券は ◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 12:49| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする