2020年10月25日

菊花賞~3冠達成は無い~ 逆転に向け視界良し!

先週デアリングタクトの無敗3冠達成により今週もという期待がかかる。
力上では、コントレイルが1枚上だという事は周知の事実だが、さてどうか?
今回のポイントは、バビットの存在だろう。粘り強くなったこの逃げ馬に対して、
ノーマークではいられない事。また、コントレイル自身が、淀の3000の舞台に
適性があるかと言われれば、走法からも適性舞台とは言い難い。
菊花賞でも、スピードで押し切れる時代ではあるが、この展開には不安がある。
それはバビットにも言える事で、こちらも厳しい展開になるのではないか。。
この2頭の動きを想定づれば、前よりも後ろの位置取りの馬に目が向く。

本命は、ヴェルトライゼンデ
スタミナからすれば、この馬はまさに最右翼。前走は後ろ過ぎる位置取りに
なってしまったが、今回は中団辺りからの進出になるだろう。
安定した末脚は魅力で、内で脚を溜めれば直線ばらけるこのコースから
脚を余す事は考え難い。3冠阻止の1番手はこの馬だろう。

相手候補には、ディープポンド を挙げたい。
京都新聞杯でのレースぶりは勝利よりも内容の濃いものだった。
直線抜け出してからの粘り腰は脅威で、どんな競馬にも対応出来るのも魅力。

印のみで抜かってましたが、マンオブスピリットも適性で侮れない。

コントレイルはここでは半信半疑。前走がいかにも・・・という感。

新星に思える、ロバートソンキーは距離延長で魅力。レースが上手く3着までなら。

最大の惑星は、ターキッシュパレス と ダノングロワール
前者は持続力なら上位の能力を持っており、菊花賞の流れに合う。
後者は長距離を使い続けており、スピードも付いてきた今は侮れない。

◎ヴェルトライゼンデ
〇ディープポンド
▲マンオブスピリット
注コントレイル
☆ターキッシュパレス
☆ロバートソンキー
☆ダノングロワール


馬券は、◎ 単  〇 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 09:55| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする