2020年12月20日

朝日杯フューチュリティステークス

レコードホルダーの レッドベルオーブ が人気を集める様相。
2走連続のレコードの走りで中間、陣営もかなり気を使った期間でもあった。
追い切りを見れば、不安とまでは至らないまでも、この激走続きには
不安を隠せない。折り合いにも難があるだけに、消耗は大きい。
実績だけで飛びつくのはやや危険な匂いもする。

先行勢が多いだけに、ハイペースとも言われているが、個人的には
然程上がらないと見ており、平均辺りの流れに落ち着くと決め込んでみる。

本命は、ホウオウアマゾン
前走上記の、レッドベルオーブに僅差の2着で時計勝負にも十分対応出来る
力をみせてくれた。
先行力があり、尚更直線でも差し返す底力があるのが、当馬の魅力。
それをタフなコースでも実証出来た事はここへも繋がる内容だろう。
確たる存在が見当たらないと思っているだけに、この馬の能力に賭けてみたい。

相手候補が難解。
人気薄の上、大外枠だが、思い切って、スーパーホープを抜擢する。
前走の内容も評価出来るが、調教内容が1番良く見えたのがこの馬。
想像以上の上積みがあると期待して、その名の通りの結果が見えてくる。

人気薄の中では、クレナディアガーズ
マイルへの距離延長が課題でもあるが、前走の内容は高く評価出来る。
未勝利戦では、レッドベルオーブに完敗しているが、逆転も有り得る。

レッドベルオーブ は上手く溜めれるかがカギ。力上位は間違いないが、
上記での不安が大きくこの評価。気配次第では、消しも有り。

ドウラモンド は時計がかかる馬場しか走ってないが、良馬場なら
パフォーマンスを上げてくるタイプではないかと評価している1頭。

ステラヴェローチェ は時計勝負となると不安は否めないものの、
前走不良馬場とはいえ、痛みの少ない外を通っての勝利は評価。

◎ホウオウアマゾン
☆スーパーホープ
▲クレナディアガーズ
注レッドベルオーブ
△ドウラモンド
△ステラヴェローチェ


馬券は、◎ 単   ☆ 複

3連複 及び ワイド


御覧頂き、ありがとうございました。





posted by 雄二郎 at 10:05| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする