2020年12月27日

2020年 有馬記念~~古馬の壁破る若君の豪脚!

3歳世代の3冠馬2頭の姿も無く、当然アーモンドアイの姿も無い。
ジャパンカップからすれば、やや盛り上がりに欠ける感も否めないが、
それなりに、面白い競馬になりそうな面子構成。

ハナを主張するバビットが最内枠に入った事と、前走大逃げのキセキ。
この2頭の存在で、ハイペースとの見方が多いが、果たしてどうだろうか?
この2頭からすれば、どちらも譲らない強引なペースに持ち込むとも思えず、
また、息が入りやすい小回りコースの中距離レース。
極端なスローは考え難いが、ハイペースも無いと決め打ちして組み立ててみる。

力的には宝塚記念の覇者、クロノジェネシス と 天皇賞で僅差にまで持ち込んだ
フィエールマンが上位なのは間違いない。
ジャパンカップで、3強に迫った カレンブーケドールも有力だろう。

しかし本命は、オーソリティ に期待する。
重賞2勝とはいえ、人気勢からは1枚落ちる印象はクラシックレースに
顔を出していない部分もあるのではないか。
一番の強調部分は、夏を越してからの成長力にある。
馬体重の大幅な増加だけで無く、中身も伴った事が前走の内容と、
中間の調教映像を見ても伝わってくるものがある。
中山コースは実績は無いが、まだ2歳の頃の成長前と重馬場に苦しんだもので
悲観する必要は全く無く、大いなる成長力で一気に王座奪還へ。

上記に挙げた3頭が当面の相手だが、キセキも侮れない。
前走の大逃げは、上手く息が入らなかったもので、今回は舞台が違う。
この秋4戦目で上積みは難しいが、これまで強豪と戦ってきた実績と
力落ちは無いとみている。

バビット はハナを奪えても、前々走の様な楽な展開は厳しいだろうが、
菊花賞を凡走した事で、逆に狙ってみたい1頭。

◎オーソリティ
〇クロノジェネシス
▲カレンブーケドール
注フィエールマン
☆キセキ
☆バビット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド   ☆☆のワイドも少し。

御覧頂き、ありがとうございました。

posted by 雄二郎 at 11:27| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする