2020年02月22日

小倉大賞典

土曜競馬は散々でしたが、気を取り直して日曜へ。
フェブラリーステークスは後程に。

先陣を奪いそうなのが、タニノフランケル辺りも、近走をみると
ズブくなってるというか、スンナリ先行出来るかは微妙。
その上スロー確定的な面子構成なら、今の小倉の馬場でも
ある程度の位置取りは欲しい。
人気の ヴェロックス はなにがなんでもタイトルが欲しいという
意気込みでの小倉参戦だろう。
新馬戦でも同コースでの圧勝でも小回りコースは歓迎のクチ。
馬券の中心で考えるなら当確も、頭ではやはり危険は否めない。

本命は、ジナンボー
左回り巧者のイメージもあるが、中山での競馬を見る限り、
小回りコースでの適性も充分にあるとみて良い。
決め手勝負なら、こちらを上と取りたい。

◎ジナンボー
〇ヴェロックス
▲テリトーリアル
注カデナ
☆ドウオーモ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 20:46| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください