2020年04月19日

皐月賞・持続力勝負で波乱の主役へ! + アンタレスS

曜競馬は、中山GJはハズレと共に、シングンマイケル落馬に
その後の訃報に複雑な気分でしたが、阪神メインが、◎〇2頭軸で
4頭へ流し、高配当とは言えないまでも3連複とワイド的中出来、
先週の阪神牝馬S400倍以上の的中含め復調してきました。
皐月賞も的中し連勝といきたいものです。

まずは 「アンタレスステークス」

ここは3連勝と勢いに乗る、ベストタッチダウン が有力は認めるところ。
時計の速い馬場も味方して主導権も握りそうで中心とみて良い。

しかし本命は、ワイルドカード に期待したい。
前走の大敗が不可解ではあるが、今回の舞台適性という点では、
面子中でも最右翼な実績は侮れない。
一叩きされた効果も見込んで本命とする。

◎ワイルドカード
〇ベストタッチダウン
▲クリンチャー
☆コマビショウ


馬券は ◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


「皐月賞」

1番人気を集めるコントレイルは実績能力共に疑い様は無いものの、
天候は回復するとはいえ、馬場悪化と最内枠がどうか?
馬場よりもむしろ最内枠をどう捌くかが大きなポイントだろう。
やや行きたがる気性からも、実績はあるがベストと言い切れない。
道中無理なく追走し、スムーズに外に出せれば良いが、包まれれば
人気を裏切る結果になる可能性も否めない。

内馬場が荒れてインを通る馬にとっては厳しいのは確かだが、
多くの馬が内を避けるなら、逆に外を回る差し馬勢にとっては
厳しい流れになるだろう。

本命は、前走同様に ビターエンダー に期待する。
京成杯でも高く評価し、共同通信杯では本命にした当馬は期待通りの内容。
前走までは左回りの方がスムーズという見方をしそれは今でも思うが、
京成杯では、少し発馬遅れで後方に下がった事で、持ち前の渋とさが
活かせなかった内容。馬体増も影響したのかもしれない。
それでも4着まで追い上げた力は修正して認めたい。
今回は大外枠に入ったが、ある程度の位置取りは出来るだろうし、
ラチを頼るタイプでも無く、馬場を選びながら衰えない先行力は
上記の展開なら、大いに活きてくると思う。

相手候補には、弥生賞勝ちの サトノフラッグ を挙げたい。
前走よりも頭数は一気に増えるが、内とはいえその前走よりも
やや外に入った事により競馬はやりやすいハズ。

スムーズなら コントレイルだが、上記に挙げた不安でこの評価。

本命馬自体思いっきり伏兵だが、その他伏兵陣も多彩で面白い。

ヴェルトライゼンデ は巧者タイプでもあるが、パワーもある。
道悪も上手く、ロスを最小限に抑える事が出来れば面白い。

ガロアクリーク は成長面で期待できる。
前走はこれまでとは別馬の様なレース振りでこの舞台なら。

レクセランス も3連勝だが人気の無い1頭。
本格化はもっと先だろうが、奥深さを感じる馬で先行投資で楽しむ。

サリオスは距離というよりも、人気勢の目標にされそうで厳しいか。

クリスタルブラック は前半のレース次第。
これは、マイラプソティにも言える事で本来は広いコース向きも
流れに乗れれば侮れない。

◎ビターエンダー
〇サトノフラッグ
▲コントレイル
☆ヴェルトライゼンデ
☆ガロアクリーク
☆レクセランス
注クリスタルブラック
△サリオス
☆マイラプソティ


馬券は、◎ 単 ・ 複
◎〇 中心の 3連複 
◎ 中心の ワイド
かなり手広く印を付けたので、気負い過ぎず楽しむ程度の金額で。

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 00:26| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください