2020年08月23日

札幌記念 & 北九州記念 & 妖怪

毎年の様に言われる事ですが、本当に今年の暑さは厳しい。
例年以上に異常なものがあります。
特に外で仕事をする皆様は十分にお気をつけを。

最近また妙なドラマに少しハマってます。
「妖怪シェハウス」
深夜ドラマですが、なかなか面白いです。
主演は小芝風花さん、特にファンという程では無いですが何か魅力ある女優さんかと。
まあ、マニアっぽい作品が目立つのでその影響もあるでしょうが。
第2話での 松本まりかさんと、佐津川愛美さんという非常に個性ある女優さん同士の
共演も見応えありました。
以前も書いた 「女子高生の無駄使い」といい妙なのにハマっている最近です。



「北九州記念」

元々コース形態からハイペースになりやすいレースだが、今年は先行勢も豊富で、
一筋縄では納まらないとの見方で良いだろう。

本命は、プリディカメント
ダート路線も使われてきたが、やはりこの馬は、芝のスプリントに適性がある。
前走は2着も、かなり外を回されてのもので、評価も高い。
最内枠は極端過ぎるが、脚を上手く溜める事が出来れば勝ち負け迄。

人気薄で面白いのが、マイネルグリット
小倉2歳以降は結果が出てないが、近走は負けてはいるものの、内容は悪くない。
復活を期して賭けてみたい。

◎プリディカメント
〇トウラヴェスーラ
▲タイセイアベニール
☆マイネルグリット


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



「札幌記念」

豪華メンバーとも言われるが、内情ではやや手薄な面子構成。
ポイントは今週からCコースになる事。
ただ前に付けたい馬も多く、単純に先行有利とは言えない面子構成だけに、
差し馬にも十分なチャンスはある。

本命は、ノームコア
レコードを持つマイルでの印象が強いが、中距離でも結果が出せるタイプ。
元々、持続力を武器にしていた当馬で、距離融通が利くのだろう。
最内枠を引けた事で、もう一つの持ち味であるスピードも武器に出来る。
舞台が整った今回は数字以上に期待出来る。

楽しみにしているのは、ペルシアンナイト
衰えが全く無い訳では無いが、この馬もマイルでも、この距離でも対応出来る。
皐月賞や大阪杯でも解る様に、この馬も距離融通は利く。
最内枠で馬場の良いところで脚を溜めながら進めるのも好転材料だろう。

ラッキーライラック は力は認めても今回はここでの評価。

◎ノームコア
☆ペルシアンナイト
▲ラッキーライラック


馬券は、◎ 単
3連単 及び 3連複 でのG1馬での勝負。

御覧頂き、ありがとうございました。


posted by 雄二郎 at 11:44| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください