2020年09月13日

京成杯OH & セントウルステークス


「京成杯OH」

開幕間もない中山で前有利とはいえ、他陣営がスマイルカナをどう扱うかが
大きなポイントになりそう。
トロワゼトワルという同型も存在するが、スマイルカナ自身はマイペースで
運べれば番手でも崩れないタイプであり、然程問題は無さそう。
展開としては、ミドルペースで、差し馬でも届く範囲の展開か。

本命は、スゲルピンクダイヤ
ゲートに入るまでの難はあるものの、レースに入ると問題は無い。
特にマイルでは、不可解な惨敗をした阪神牝馬S以外では安定している。
早目動くより、上手く脚を溜めれば勝ち負けまで。

◎シゲルピンクダイヤ
〇ラセット
▲スマイルカナ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド


「セントウルステークス」

こちらも、東よりも先行勢にポイントがありそう。
ラブカンプーの出方もあるが、主導権を握るのはビアンフェ
ただビアンフェは、まだモロさも同居しており、番手競馬での
対応はまだ未知数で確たる信用までは置けないとみたい。

本命は、タイセイアベニール
前走の敗因はこちらも不可解だが、この舞台の適性はある。
少し湿った馬場で、タフな展開になりそうなここは狙い目。

ミスターメロディは先の大一番に合わせてだろうが、
この舞台での適性は高く、前哨戦でも格好はつけてくる。


◎タイセイアベニール
〇ミスターメロディ
▲シヴァージ
注ビアンフェ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 09:41| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください