2021年01月05日

2021年の幕開け~~東西金杯

まだまだコロナ禍で喜べない実情ですが、とりあえずは、
謹んで新年のお喜びを。
今年も拙い内容ですが、宜しくお願い致します。

さて、年明け最初の重賞は、東西の重賞。

まずは 「中山金杯」

近走安定している、ヒシイグアス とクラシック戦線で活躍した、
ディープボンドが人気を分ける形ではあるが、両馬共に確たる存在とは
言い切れず、波乱含みな面子構成。
ディープボンドはコース適性がどうか?皐月賞の惨敗はG1でもあり、
然程気にする必要は無いが、基本は広いコース向きと思えるタイプ。
ヒシイグアスは何馬かには先着を許しそうなタイプで、これまで連勝の上、
松山騎手が鞍上というのも心強い。
ただ、重賞で勝ち切るまでには至らないのではというのが見解。

とはいえ、どの面子も似たり寄ったりで主役選びが難航なレース。

本命は、ショウナンバルディに期待する。
役者的には、上位勢からは1枚落ちの感は否めないものの、
そこそこのレベルの前走で早目抜け出し接戦まで持ち込んだ内容は評価。
持続力勝負に強く、先行力を活かした競馬なら前走位やれてもよい。
中山コースは初にはなるが、問題ないとみる。

◎ショウナンバルディ
〇ヒシイグアス
☆リュヌリュージュ
▲ディープボンド
注ヴァンケドミンゴ
☆ウインイクシード
☆シークレットラン


馬券は ◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


「京都金杯」

今年は中京での開催の京都金杯。
一見スローにも思えるが、ボンセルヴィーソ辺りが逃げで、
平均ペースまで上がるだろうか・・・という展開。
そうなれば、人気を集める シュリやピースワンパラディには、
むしろ向く展開になりそうだ。

それを承知の上で、ラセットの末脚に期待したい。
上記の人気2頭と比べれば、やや評価し難い面もあるものの、
力の居る競馬とコース適性も組み込めば、人気勢にもヒケを取らない。
固まった馬群から一気に抜け出す直線をみたいものだ。

◎ラセット
〇シュリ
▲ピースワンパラディ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

皆様にとっても、幸先良いスタートであります様に。

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 12:49| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください