2021年04月11日

桜花賞 ベールを脱いで女王の座へ!

実績も含め白毛という人気を集める無敗の2歳女王の ソダシ
この馬の特筆すべきはレースセンスに伴う操縦性の高さ。
マイルG1を勝利した女王に言うべきでは無いのかもしれないが、
個人的には、この馬のベストはマイルでは無い。
ゆったりと一息入る舞台がベストでここは流石に厳しいのではないか。
今回は思い切って切り捨てて楽しみたい。

逆に操縦性という点では、真逆評価の メイケイエール
これまでのレース振りからそういう評価になってしまっているものの、
ほとんどまともな競馬をしていないのも事実ではないだろうか。
馬の特性に合わすレースをすれば、もっとやれるのではないかとも感じる。

競馬はスポーツでもあるが、ギャンブルでもある競技。
ここはギャンブル性を狙って、メイケイエールを本命にしたい。
上記の通り、自身の競馬というものはほとんど無く、評価が難しいタイプ。
ただあまりにも馬にストレスを与える内容になっている感で、陣営に対しても
疑問があるのも確か。
今回は、仕切り直しという事とシンプルに望むという事から、これまでの様な
無理に抑える競馬というのは無いと決め込んでみる。
たまたまだが、それに沿う意味での騎手を迎えれた事も好転材料。
それが出来る舞台というのが、唯一この桜花賞だろう。
力を出し切るレースなら、同世代牝馬でこの馬に敵う存在はいない。

相手候補には、先行力もある ソングライン を抜擢。
まだ左回りしか経験は無いものの、力強い持続力はここでも魅力。
時計勝負でも十分対応出来る。

これも左回りしか経験は無いが、良血馬 アカイトリノムスメ
右回りも全く問題ないとみる。

エリザベスタワーも折り合いがカギも、メイケイを見ながら溜めれば。

最大の惑星は、シゲルピンクルビー
昨年桜花賞で本命を打ったシゲルピンクダイヤの一族という訳では無いが、
前々走での惨敗でマイルが適性外と見限るのは早計だろう。
マイルも十分範囲内で、頼りになる男の剛腕にも期待。

◎メイケイエール
〇ソングライン
▲アカイトリノムスメ
注エリザベスタワー
☆シゲルピンクルビー


馬券は、◎ 単
◎ 中心の 3連複 及び ワイド

ソダシを切るのはかなり勇気はいるが、ここは上記の通り捨ててみる。

御覧頂き、ありがとうございました。



posted by 雄二郎 at 11:22| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください