2021年05月01日

青葉賞

時間も無いので簡潔に。


面子を見渡しても、この舞台設で主役を演じる程存在も見当たらない。
グレアリングアイ に期待したい。
発馬はアテにならないものがあるが、それでも末脚は確実。
距離延長はむしろ歓迎で、このレベルなら勝ち負けまで。

◎グレアリングアイ
〇アオイショー


この2頭中心の馬券で。

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 14:57| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください