2021年05月02日

天皇賞・春

久々の仁川での天皇賞春。
その上、牝馬3頭の出走に加え、主役不在の大混戦な様相。
ポイントは展開で、逃げ・先行・好位・後方待機とそれぞれの馬の
立ち位置が明確で、隊列はスンナリ決まりそうだ。
一見縦長隊列のハイペースになりそうな面子構成だが、然程ペースは
上がらず、淡々と流れる平均ペースとみる。

人気のディープボンドは前走の圧勝劇で人気を集めるが、
そのレースに限っては然程レベルの高くない面子構成だった事と、
馬場と展開総てが嵌ってのもので、数字程の信用は怪しいか。

アリストテレスも道悪のAJC杯は勝っているものの、元々はスピードを
身上にしているタイプで、阪神コースと雨の影響が残りそうな馬場も含め、
前走は負け過ぎ感も否めないところで、ここも数字程の信用は怪しい。

本命は、ワールドプレミア 
久々だった昨年のジャパンCから、有馬記念、前走の日経賞と着順と
比例して復調をみせている内容は好感を持つ。
特に前走は、外々を回るロスも覚悟で中段での位置取りまで上げてきた。
最後は差し切れなかったが、進境の証明にはなっただろう。
2週目は小回りコースになる特殊な競馬になるが、それでも十分な
対応が出来ると確信する。

相手候補には、カレンブーケドールを抜擢。
前走からの距離延長がポイントにもなるが、問題はなくむしろ好転材料か。
勝ち身が遅いタイプではあるが、2週目の小回りコースが味方になりそうだ。

他では、前走日経賞制した、ウインマリリン
上手く運べた感はあるものの、勝ち切った経験は大きい。
追い出してからの重心の低さも安定し、侮れない1頭。

ディープボンドは上記の通りだが、今年の面子レベルなら圏内も。

◎ワールドプレミア
〇カレンブーケドール
☆ウインマリリン
▲ディープボンド


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 12:14| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください