2021年05月08日

京都新聞杯

東京で行われる、プリンシバルS同様に、ダービーへの最終便。
ディープモンスターの回避で、俄然混戦模様になってきた。
現状どの馬も数字が生む程の差は無く、どの馬が勝ってもおかしくない。

スロー濃厚にも思えるが、平均ペース辺りで流れそうな面子構成。
どこからでも届きそうなだけに、尚更混戦に拍車がかかる。

本命は、ヴェローチェオロ
これまで戦ってきた相手からの実績からすれば随分とナメられた人気。
今年初戦では、1番人気濃厚だった、ディープモンスターと差の無い内容。
この面子で、小頭数なら十分目処は立つ。

相手候補には、ワイドエンペラー も有力。
最内枠がどうかとも思うが、小頭数だけに問題ない。

◎ヴェローチェオロ
〇ワイドエンペラー
▲マカオンドール
注レッドジェネシス
☆ブレークアップ
△ゲヴィナー


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 14:44| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください