2021年02月21日

フェブラリーステークス & 小倉大賞典

まずは 「小倉大賞典」


小回りコースでの持続力勝負になるとみて、
素直に、フェアリーポルカを本命。
同舞台では4着のみと実績では乏しいが、今回の展開には向く。
距離も魅力で、剛腕和田騎手にも期待できる。
なにより坂路調教で全くブレずに真っ直ぐ駆け上がったのは
好調の証だろう。

◎フェアリーポルカ
〇トーラスジェミニ
▲ポッケリーニ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複 ワイド

尚、昨年の覇者カデナは侮れない1頭ではあるものの、
その時は総てが上手く運んだもので、その上今回は58キロは狙い難い。



「フェブラリーステークス」

今回は枠順もポイントで、上位人気のレッドルゼルとカフェファラオ
どちらかといえば、双方逆の番号が欲しかったのではと感じる。
特にレッドルゼルは距離も微妙なだけに、この大外枠はやや原点か。
カフェファラオは確信迄には至らないが、馬込みに入ってしまうと、
やや力が出せないタイプにも思えて、先行勢の後ろに付ける位であれば、
こちらの方が有利かもしれない。

インティ が主導権を握りそうだが、他先行勢もプレッシャーを
かけてきそうで、楽な展開にはならないだろう。
ある程度流れて、ミドルペースになると読む。

本命は、オーヴェルニュ
これまで先行というイメージが強いが、距離短縮のこの舞台なら好位での
位置取りになるだろう。それでもある程度前が見える展開になる。
この距離では全く実績は無いが、何より特筆すべきは古馬になってからの
成長力の高さにある。
馬体増に加えて筋肉もしっかりついており、力も比例してついてきた。
勢いのあるここはこの距離でも勝ち負けまで持ち込める。

相手候補では、ソリストサンダー を挙げたい。
距離そしてコースといいどんな競馬でも対応出来る強味がある。
武蔵野Sでは、サンライズノヴァに差し切られたが、直線入口では、
その前に居るとみて、今度は逆転も。

他では、コース適性は最右翼の サンライズノヴァ

カフェファラオ は半信半疑だが、この評価。

◎オーヴェルニュ
〇ソリストサンダー
▲サンライズノヴァ
注カフェファラオ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 11:51| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

ダイヤモンドステークス & 京都牝馬ステークス

時間が無いので、中心馬のみで。

「ダイヤモンドステークス」

上位勢は数字程の信用は無いとみる。
オーソリティはコース適性や力は認めるも、この距離を我慢出来るかがカギ。

ブラックマジック に期待する。
条件戦からは厳しいのは承知の上だが、それは過去は過去。
距離延長してからは安定感もあり、展開に左右される事も
無いだろう。先行力活かして上位に喰い込む。

◎ブラックマジック  単 ・ 複

◎中心の馬券で。



「京都牝馬ステークス」

ここは、カリオストロ の逆襲に賭けてみたい。
前走は、自身のリズムが崩れっぱなしで直線は余力無しの内容。
些か負け過ぎな感も。大敗から巻き返すのがこの馬の特性。
コース実績もある舞台で前走の鬱憤を晴らしてくれるだろう。

◎カリオストロ   単 ・ 複


御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 14:39| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

共同通信杯 & 京都記念

東北地方を中心に広い範囲で大きな地震の恐怖。
多くの被害が出ている様ですが、これからもまだ続く可能性は大きいので、
皆様も十分にお気をつけてください。
四国高知も、他人事では無いです。

まずは 「共同通信杯」

朝日杯2着の ステラヴェローチェが中心なのは否定出来ないが、
新興勢力もなかなか侮れない面子が揃っていて興味あるレース。

本命は思い切って ヴィクティファルス に期待する。
キャリア1戦でその新馬戦自体のレベルにも高いとはいえないものだが、
この馬自体の内容は勝負処での進出や直線の脚をみても秀逸なもの。
上記のステラヴェローチェ以外は実績からも差は無く、ここは先行投資で。

◎ヴィクティファルス
〇ステラヴェローチェ
▲シャフリヤール
注レフトウバーズ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド



「京都記念」

思った以上に人気を集める、ラヴズオンリーユー
実績は認めても、古馬になってからは、勝ち切れずややアテにし難い内容。
阪神コースに代わるのは歓迎でも、ここ勝負とも思えない臨戦では数字程の
信用は無いと判断したい。

ダンビュライト や ジナンボー等の先行勢に休み明けのワグネリアンや
ステイフーリッシュが絡んできそうで一見速くなりそうだが、実は平均ペースの見込み。

本命は、ジナンボー 
上記の通り、然程ハイにならず平均ペースで流れる目論みの上でのものだが、
ダンビュライト行かせて楽な番手追走が出来そうな今回は狙い目。
消耗度が高いせいか、使い込むよりも休み明けの方が良いタイプで先々よりも
ここが勝負とみて良いだろう。

人気処は印程買うかどうかは微妙。

抑えで面白いのは、サトノルークス。
近走結果が伴わないものの、自身の舞台での競馬では無く参考外と考える。
相性良いコースと距離短縮で上位迄。

◎ジナンボー
〇ステイフーリッシュ
▲モズベッロ
注ラヴズオンリーユー
△ダンスディライト
☆サトノルークス


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連単 及び 3連複  ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 08:35| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする