2020年12月19日

ターコイズステークス

めっきり寒くなりましたね。
コロナも終息の目途も立たず、高知県でも数多く出ており、
人口からすれば、4位~5位と上位になってしまいました。
症状が出ない事が一番の難ですので、私とて感染の有無は解りませんが、
仕事上医療関係者との繋がりもあるのですが、想像以上に厳しい状況です。
もし感染して、他の人を感染させてしまったり、医療従事者の方々に
これ以上の過酷な状況にさせたくないと常々思います。

「ターコイズステークス」

波乱含みの牝馬限定戦の重賞。
ただ今年は然程大波乱はなり難い面子構成とも言える。
隊列はほぼスンナリ決まりそうで、ミドルペースの展開予想・

もう一つのポイントはコース適性が大きいコースで、ここも注目。

本命は、インターミッション
一番はそのコース適性で、この舞台では安定した力を発揮できる。
前が流れる展開も、この馬には味方するだろう。
陣営もかなり強気で、ここで重賞制覇を狙っている感が満々。

相手候補には、アンドラステ
前走の大敗は、内をついた勝負所で後方まで下がってしまった事。
直線立て直しを図るも既に遅しのもので、度外視して良いだろう。

人気薄の中では、サンクチュエール
この馬もコース実績は無いものの、3歳春には、重賞制覇した実績を持つ。
その後は全く結果が出てないが、道悪に距離も含めて適性外のもの。
好天舞台の今回は侮れない。

◎インターミッション
〇アンドラステ
☆サンクチュエール
▲スマイルカナ
注シーズンズギフト
△ランブリングアレー
△ドナウデルタ
☆ビッククインバイオ


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 13:11
"ターコイズステークス"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: