2021年03月07日

弥生賞ディープインパクト記念

2歳王者、ダノンザキッドが中心になるのは間違いないだろう。
こういうケースでは、この馬よりも前に居る存在に目が向くが、
今回、ダノンザキッドは前の先行勢を追い掛ける展開になる事は確実で、
先行勢にとっては今の馬場を考えても、厳しくなるだろう。
目を向けるのは、前よりも後ろの位置の馬になる。

本命は、ソーヴァリアント に期待する。
薬物疑惑の影響もあり、未勝利を勝ち上がるのに時間がかかったが、
能力はここでも全く見劣らない。
それどころかまだまだ奥深さもあるのではないかと思わせる。
出遅れ癖はまだ疑念は残る上、距離短縮がどうかもあるが、
この馬の潜在能力に先行投資で賭けてみたい。

相手候補は、ダノンザキッドで仕方ないか。

他では、ワンデイモア も持続力が優れており、紛れ込む可能性は大。

前走本命にした、タイトルホルダーは前に行く分厳しいが抑えまで。

◎ソーヴァリアント
〇ダノンザキッド
▲ワンデイモア
注タイトルホルダー


馬券は ◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。

posted by 雄二郎 at 10:08| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

チューリップ賞 & オーシャンステークス

時間も無いので簡潔に。

まずは  「チューリップ賞」

阪神JF4着の メイケイエールが圧倒的人気を集めるも、不安なのは
気性面の部分だろう。
今回時計のかかる馬場と、最内枠という事で折り合いに関しては
問題無いと思うが、どうしても外を回す形になり、少頭数とはいえ、
楽な競馬は難しいかもしれない。
逆にこれで折り合いがつかなかったら、尚更厳しくなるだろう。
不動の軸にまではどうか?

本命は、タガノディアーナ に期待したい。
未勝利を脱するまでに時間はかかったものの、力強い末脚は
ますます磨きがかかった感。
むしろ大外枠は今回は歓迎で、馬場の良い部分を走る事も可能。
こういうタイプの馬に合う鞍上も好材料で中心はこちらの方。

◎タガノディアーナ

◎ 単 ・ 複  ◎ 中心の馬券で。


「オーシャンステークス」

今の馬場に合っている エイティーンガール を中心で。
休み明け一叩きの効果も見込んで。

◎エイティーンガール 単 ・ 複 ◎中心の馬券で。

御覧頂き、ありがとうございました。
posted by 雄二郎 at 14:04| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

阪急杯&中山記念&すみれステークス

まずは、「すみれステークス」 から。

ここは善戦続きの、モンテディオ が本命。
前走でようやく未勝利を脱したが、2戦目の未勝利戦での様な
競馬が合う。その時はたまたまかもしれないが、今回その時騎乗の
池添騎手に戻るのも良い。
数字程の力差は無いはずで、ここは馬券圏内までには。

◎モンテディオ


「中山記念」

前有利の傾向が続いている今の馬場だが、ポイントは展開。
人気も、ヒシイグアスが1番人気となり、バビットが2番人気。
単純な前残りは許したくないだけに、ヒシイグアスにとっては
やや厳しい競馬になるだろう。まともに追いかければ猶更危ない。

スローは考え難く、ミドル以上のペースなら、差し馬でも届く展開になる。

フランツ に期待したい。
前走は3着での評価は出来るが、本来はもう少しやれていい。
その前走は、2000の距離でか、折り合い重視の部分が強かった。
今回は実績ある距離短縮で、前が厳しい様なら出番はある。

◎フランツ
〇ケイデンスコール
▲バビット
注ヒシイグアス
☆サンアップルトン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド


「阪急杯」

主導権を握りそうな、レシステンシアが1番人気。
ただ、久々の上目標はおそらく先で、調教は良さそうだが中心は疑問。
ダノンファンタジー のマークも厳しくなるだけに、楽にはならない。

本命は、クリノガウディ
この馬は昨年の高松宮記念で本命を打ち降着の憂き目にあってしまったが、
ここも今回はミドルペースで流れそうで、この条件は合う。
前走はほとんど競馬になってないだけに、巻き返しを期待する。

◎クリノガウディ
〇ダノンファンタジー
☆ジャンダルム
☆トライン


馬券は、◎ 単 ・ 複
3連複 及び ワイド

御覧頂き、ありがとうございました。

posted by 雄二郎 at 12:29| Comment(0) | 競馬関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする